建設業許可のことならお任せください!面倒な書類作成、必要書類の収集などは平野行政書士事務所へ!産業廃棄物運搬の許可も平野行政書士事務所へお任せくださいませ!

困ったときに頼れる平野行政書士事務所

建設業許可はお任せください!平野行政書士事務所

平野行政書士 

行政書士 平野聡(S55.1.14生)

 

ホームページにお越しくださいまして、ありがとうございます。

年中無休です。

ブログも書いてます。よければ読んでください(^^)

申請手続きのプロフェッショナル平野行政書士事務所

〒518-0602
三重県名張市東田原3368番地


平野行政書士事務所
電話:0595-48-7812 fax:0595-48-7813

 

☆心配を安心へ変えるお手伝い☆ 平野行政書士事務所です。

 

建設業許可の豊富な実績

行政書士の平野聡は、もともと建設業出身です。建設業許可のみならず、いろんな面で建設業の方のお役に立てるものと信じています。

建設業許可に関して豊富な実績があります。

「当社では取れない・・・」とお思いの方でも、一度ご相談ください。

お客様から、「大きな仕事を逃さなくて済んだ」と喜びの声を頂いております。

許可後の法務も含めて、豊富な実務経験と、確かな知識でサポート致します。


●請負代金はすぐに大きくなる。

少し大きな仕事を始めると、工事の請負金額はすぐに500万円を超えます。材料の持込が多い建設業ですので、請負金額だけが大きくなるケースも多くあります。

建設業許可を受けておくことで、元請さんの要望に応えられる建設業者になれるのです。

建設業許可を持っていなかったために、大きな仕事を逃した経験がある社長さんもいらっしゃると思います。

建設業許可は、当事務所へお任せください。

 

建設業許可を受けるメリット

建設業の許可を受けるには、ある程度の管理力、技術力、誠実さが要求されます。建設業者として許可を受けるということは、これらの基準をクリアしているということでもあります。これはそのまま建設業者としての信用にもつながります。


許可が無ければ原則として500万円(建築一式工事は1500万円)までの工事しか請負うことができず、仮に請負った場合には無許可営業として罰をうけます。


一般建設業許可を受けるには

建設業の許可を受けるにはいくつかの条件をクリアしなければなりません。

@経営管理責任者として5年以上の経験がる、または、7年以上経営管理責任者に準じる地位としての経験がある

A専任の技術者がいる。(経営管理責任者と同じ人でかまいません)

B500万円以上用意できる

C営業所の代表者が誠実であること。

D5年以内に犯罪を犯し、禁固刑以上になったことが無い。(交通違反は犯罪にはなりません)


建設業許可は5年に一度更新が必要です。

建設業許可は終身免許ではありません。5年に一度更新が必要となります。


●建設業許可を受ければどんな仕事が請負えるのか

一口に建設業許可と言っても建設業は28種類にも分けられています。

総合的な仕事を請負うには『建築一式工事』『土木一式工事』の建設業許可を受けなければなりません。それ以外の建設業許可は、大工・左官・石・電気等の専門的な部分のみを請負うことになります。その場合でも、メインとなる大工工事や電気工事をするために必要な工事については建設業許可は不要です。(※例・左官の下地工事など)

 

建設業許可の料金

建設業許可に関する相談は無料です。

建設業許可 新規・・・・・12万円〜 別途印紙代、必要経費等が必要になります

建設業許可 更新・・・・・7万円〜 印紙代金 別途印紙代、必要経費等が必要になります

無料でお見積りいたします。

事案によっては料金が異なることもありますが、事前に見積もりを致します。その時点でキャンセルしていただいても構いませんので、お気軽にご相談くださいませ。


お問い合わせはこちらからお願いいたします

TEL 0595-48-7812

平野行政書士事務所

 

 

 

Copyright (C) 2010 平野行政書士事務所  All Rights Reserved

お客様の声
ホーム
相続手続き
遺言書作成
離婚
トラブル予防
建設業許可

融資・補助金申請支援

事業計画書の作成

帰化許可
外国人の在留許可
農地売買・転用
車庫証明・名義変更
講演・セミナー依頼
その他の手続き一覧
お問い合わせ
アクセス
ブログ
法律用語集
コラム
リンク